ダンボが写真集にっ!

『よつばと!』が大好きで、早く最新刊でないかなーーって思ってたら、

先にダンボの写真集出る。

ふりっかで時々見てたんだけど、"365 day of Danboard" だね。

ダンボは外人さんにも人気みたいで
(Amazonの箱ができたのがポイント高かったのかな?
 まー、『YOTUBA&』って英語版もあるから、よつば人気もあるのかもだけど)
ふりっかのダンボーのグループはいくつかあって、
他の作者さんにも可愛いもんがいっぱいある。

私もAmazonバージョンのミニのダンボを1個持ってるのだけど、
一緒に撮ってると、何か、とっても楽しい気分になるんだよねup

まっ、どこにでも持ち歩いちゃうから、
ちと薄汚れてしまった・・・・という難点もあるのだけどcoldsweats01

撮っても見ても可愛いダンボ。
本になるのが楽しみnote

今回も一気に読んだ

今度も陽気なギャング達はおかしかった。

『陽気なギャングの日常と逆襲』

あとがきに、できれば、前作を読んでから・・・・っと
書いてあったのだけど、
読んじゃってるから、読んでないで読んだ気分は分からないけど、
読んでからのが、うふふとなれると思う。

(実は、陽気なギャングが地球を回す の方を改めて読んで、
 もう1回、日常と逆襲を読んだ)

隣にいる人とか、知り合いとかが、実は銀行強盗が本職だったりして・・・・
っとか、今日1日思いながら、すごしてしまった。

はっけよーーーいっ!

また よつばちゃんにやられたっ!

タイトルの『はっけよーーいっ』は、今回の9巻で一番笑ったシーンの
よつばちゃんの台詞。

これはおっともやられたup

予約し損ねてたカレンダーも本屋で最後のひとつを見つけ、
どうにかゲット。
今年はよつばちゃんと一緒に1年を暮らすって感じなのだ。

大掃除後の後悔・・・

何回か話したことがあると思うんだけど、
私って、普段はあんまり物を捨てられないんだけど、

酔いながら、掃除をしていると、はでに捨てまくる(笑)

それは、もうはんぱない。

終わったあとは、すっきりして気持ちいいんだけど、
時々だけど、
捨てたくなかったものまで、捨ててしまってることがある。

今回は本。

漫画なんだけど、好きで繰り返して読んでるもんだった。

何でいいやって、思ったのかは、
今となっては不明・・・。

しかも、中途半端なことに、
全巻捨ててるなら、まだしも
ひとつは、全9巻中の8巻と9巻。
もうひとつは、全10巻中の1~8巻・・・。

最終巻が残ってる方は読むと、
前の方が浮かぶし、何とかがまんができるのだけど、
最終巻がない方が、なんだかもどかしい。
最後は判ってるんだけど、

あーーーーーーー!

なんだかじれったい!!

で、買いに行こうっと出かけたんだけど、
だいぶ前のものなんで、
本屋にない!!

ブックオフも見てみたけど、ない!!!!!!!!

しばらく、
なんだか、もやもやした日が続きそう・・・・。

ポップアップ本って楽しいよね

昨日のウルルンで見て、
久々に本棚から出してみた

サブダの飛び出す絵本

しばらくまた見いってしまった。
飛び出す絵本がクルクル回るとか思わんかったしね。

私が持ってるのは、オズの魔法使いなんだけど、
テレビを見てて、
不思議な国のアリスのアリスが落ちてくとこを
むっちゃ見たくなった。

ホント、大人もわくわくする絵本だね。

で、スターウォーズのガイドブックも今度出るみたい。

私はスターウォーズファンではないんだけど、
光っちゃうとか聞くと、
ちょっと欲しくなってる。
けど、まずは、アリスだわねっ。

日めくりが届く

すっかり、よつば好きになってしまった。

で、よつばとの6巻を買った時に
予約しといた

日めくりカレンダー到着♪

いやぁ、可愛い。

思わず、最後までパラパラっと見そうになったけど、
毎日の楽しみにとっておこうっと止めた(笑)

4月始まりなんで、後12日で毎日よつばとその仲間たち(?)の
キャラに毎日笑顔をもらえそう♪

綺麗な名前

今日は、久々に、吉村明美のマンガを読む。

主人公の女の子“ない”を

  助けてくれた女性の名前が芽(ちがや)。
  草冠の名前なわけである。

思うに、吉村明美の主人公の女の子は、
しいたげられてるんだけど、けな気系で、
助けてくれる人がいて・・・
のパターンが多いんだけど、
しいたげれてる人も、実はいい人パターンがほとんど。

けど、今回のいじめてる母&その愛人は
はんぱなく、嫌な奴・・・でそのまま終わった。

最後はほっとはしたんだけど、
どうしようもない、悪い奴もいるとも思うんだけど、
何とも、らしくないような感じがしてしまった。

話とは少しそれるけど、
茅ヶ崎の茅って『ちがや』って読むんだなって事を知った。
茅葺のかやね、
茅葺もやりに行ったくせに、意識してなかった。
すすきとかが多くとれたのかなぁ・・・

うさぎにはむかない家

以前、ペットショップから逃げたそうとしてたうさぎに
会ってから、

何だかうさぎが妙に気になる。

で、更に、私のうさぎ度を上げてくれたのが、

の仙太郎くん。

いやぁ、まじで可愛い。
マンガだから、現実はここまで可愛くはないだろうって
思うんだけど、
ホントに飼いたくなってしまう・・・。

飼い方が書いてあるわけではないんだけど、
餌のあげ方やトイレの事なんかも書いてあって、
可愛さだけでなく、うん、私でも・・・っと、
ふらっと、思ってしまう。

けど、うちはうさぎには嬉しいかもしれないけど、
無理な事がある。

まずは、雑誌はじめ本が多い事。
飼うなら、まず始めにこれをどうにかせなならん。

二つ目はコード。
このマンガを読んでて知ったんだけど、
結構、コード類をカジカジしてしまうらしい。

そういえば、友人のハムスターが前住んでた家に遊びに来た時に
本棚の中の本の向こう側に入っちゃって
大変な事になった事あるもんなぁ・・・。

逃げたウサギ以来、一目惚れしちゃうようなウサギには
出会ってないんだけど、
仙太郎くんやその子みたいに愛嬌のあるウサギに会ったら、

雑誌を捨てだすかもしんない・・・。

やっぱり、よつば!

よつばが絵本とWで出てたんで読んだ。

1~5巻同様、よつばワールド全開!

可愛いね、ホント。
今回は5巻も続いてた夏休みもようやく終わったんだけど、
(今さら気づいたんだけど、1話1日くらいののんびりペースで
 進んでる話なんだな)
自転車に初めて乗ったり、相変わらず隣家の家族にいじり倒され
・・もとい可愛がれ、とってもいい。

どっかにいそうなよつばにますますはまりそうだ。

文字のない絵本。
タイトル通り、しろとくろのどうぶつが、
よつばと一緒に沢山出てくる。

よつばびいきだからかもしれないけど、
よつばの表情がいいので、見ても楽しいし、
仕事でお子さんのとこにも持ってたけど、
驚いてるとか、色々お話を作ってて面白かった。

『岳②』を読んだ

山に登るわけではないので、
本当のとこの感情は判らないと思うんだけど、
結構、好きな話だ。

主人公である三歩が、
ボランティアで救助をしてるんだけど、
要救助者の人が助かっても助からなくても
また山に来てねという姿に
何かじんとしてしまう。

 表紙はいい男風なんだけど、
お話しの中ではやってる事はすっごいんだけど、
何だかとっても普通の人。

それにしても、本の中とはいえ、
山登りっていうのはすごい。

長いロッククライミングとかで、
○日かかって登った・・・という話だけを
テレビで見るけど、
ほぉ・・・すごいなぁ・・・と思うだけで、
寝るとかトイレとか食事とかを想像してなかった。
なるほど、そうするんだ・・・というのが、
絵の中で出てくる。
今度テレビで見る時には、
また違ったすごいなぁ・・・という思いを持つような気がする。

遭難する人は、すっごいクライマーではなく、
山が好きで・・・とかで登ってる人がほとんどで、
遭難というよりはまだ迷子のレベルではあったけど、
クラスの子どもたちを山に連れてきた先生
(はぐれたのはクラスの子ども)の話とかもあり、

よく、遭難してると思ってる場所が、
すぐ目の前が民家だった・・・
という話をニュースで耳にするけど、
それがどう起こるのかという過程を見るような
気持ちになった。

後、読みながら、
本当、遭難した人は一個人だから、
遭難した日から見つかるまでか、
ある程度の日数は報道に出る事はあるけど、
準備が安易だったとか、
甘いとか色々な憶測だけが流出する。
で、実際はどうだった・・・というのは、
あまり流れる事がない。

みんなが、自分の思いだけがそうだったというのは
あるかもしれないけど、
自分なりの必要だと思う装備で出かけ、
自分なりに一番だと思う避難をしてたんじゃないかと・・・

何でもかんでも、
甘い目で見りゃーいいってもんじゃないかもしれないけど、
少し、優しい気持ちで見たい・・・
っと、2巻もそんな気分で読んだ。

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

_

無料ブログはココログ