« やっと梅雨明け! | トップページ | 今日の焼酎。 »

『博士の愛した数式』を見た。

何か時々妙に早起きする事があって・・・・。
(おばーちゃんみたいだ)

で、今日がそれ。

普段は何もしないでぼーっとしてるか、
本でも読んでるんだけど、
DVDが借りてあったので、

『博士の愛した数式』を見た。

原作を読んでいたので、話の内容は判っていた。
そういうこともあってかもしれないけど、
何だか優しい本を読んでるように
静かに流れていく感じで心地よかった。

映画でも、私・・・は家政婦のままで、
息子はただ√で
名前がとうとう判らなかったのは
何だか嬉しかった。

大人になった√は吉岡くんでぴったりだったと思う。
で、子ども時代の√が声とか顔じゃなくて、
雰囲気が純くん時代の吉岡くんに似てる気がしたのが、
また、ホント、子ども時代を見てるようでよかった。

原作の雰囲気を壊さず・・・
そして原作者の人も何かでコメントしてたんだけど、
原作にはない大人になった√の存在が
とてもいいナビゲーターになってた。

筋とは全然関係ない話だけど、
教室の窓から、あんなに間近に海が見れるのはいいね。
そしたら、私も、学校を抜け出さなかったかもしれない・・・・。

« やっと梅雨明け! | トップページ | 今日の焼酎。 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74258/11136847

この記事へのトラックバック一覧です: 『博士の愛した数式』を見た。:

» 映画 博士の愛した数式 [FREQUENCE.]
博士の愛した数式公式サイト レンタル開始日: 2006年07月07日 DVD発売日:2006年7月7日 販売価格:¥ 3,905 (税込み)-Amazon- 製作年: 2005年 公開: 2006年01月21日 製作国: 日本 配給: アスミック・エース エンタテインメント 収録時間: 117分 出演者: 寺尾聰(..... [続きを読む]

» NO.147「博士の愛した数式」(日本/小泉堯史監督) [サーカスな日々]
丁寧に丁寧に、書き言葉が話し言葉に、 置き換えられていく。 小説を原作にした映画作品は多くあるが、僕は、ここ数年の邦画で、これほど原作がもっている気品を大切にしながら、当の作家も感動するような、映像化に成功した例を知らない。書き言葉を、話し言葉に。それは、簡単なように見えて、そうではない。また、季節や、背景や、小道具や、つまりあらゆる舞台装置を小説家は読者にイメージ化させようと文章で工夫する。映画は、映像で、�... [続きを読む]

« やっと梅雨明け! | トップページ | 今日の焼酎。 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

_

無料ブログはココログ