« 風邪ひき・・・。 | トップページ | 確かに言ったんだ!! »

『博士の愛した数式』を読んだ。

読み始めたら止まらなかった。
最初は、横になって読んでたんだけど、
最終的には座りなおして読んじゃうくらい熱中した。

博士の愛した数式

読み終わって一番最初に思ったのは、
私、自分で数学好きって思ってたのだけど、
こういうのは数学好きに入らないんだ・・・ってこと。
私は、何で数学が好きだったかというと、
答えがきちっと出るから、あ〜だこ〜だと考えると、
必ずのように導かれるそんなすっきり感が好きだった。
あ〜、でも違うんだと・・・。
私は数学者になれなかったのは
(といってもなる気があったわけではないけど)
博士みたいに数式を愛してたわけじゃないからなんだな・・・と。

他の人が読みながら、どうしてたかは知らないけど、
なんだか、きちんと、判りやすい、解説もきちんとあるというのに、
博士の出す問題や出てくる数式や完全素数だのを、
いちいちペンをとり考えてしまった。
答えが出せずに読み出したものもあるけど・・・。

80分の記憶しかない博士・・・。

なぜ80分なんだろう。
1時間でも2時間でも1時間半でもなく、
なんで80分なんだろう。
1時間20分・・。
次の日・・・というまで、ということ以外では、
80分・・・というのは、
「家政婦である私が買い物に出て帰って来るのに80分以上かかった」
「散髪に出かけた時間が家を出てから80分以上経っていた」
というところだけだった。
それこそ、他の部分では、「起きたら昨日の事は忘れてる」でも、
十分な感じだった。

数字にいろいろな意味があるとわくわくしながら読んだ私は、
きっと80にも意味があるんじゃないかと、
ここ数日80が頭から離れない・・・。

数字の話ばかりしたのだけど、
それだけではない、博士や家政婦である私やその息子√
彼らの関係が、とても、居心地よくてよかった。
それぞれがそれぞれを認める関係。。
例えば、記憶障害などのある話がある時に、
とても、違和感を感じる事があるのだけど、
そういうのがなかった。
静かに、今の相手を認められる関係・・・。
そうなりたいと思いつつできない自分をふと思ってもみた。

いや〜、でもやっぱし、80が頭から離れない・・・。

« 風邪ひき・・・。 | トップページ | 確かに言ったんだ!! »

好きな本」カテゴリの記事

コメント

僕も読みました~。
読みやすくて早かったです。
ほんとに心温まる良い本だったと思います。

ただ、僕は80分にはあんまり意識行かなかったなぁ~。
それよりも純粋に数学の、友愛数とか双子素数とか、そういう概念があるんだなぁという方に興味が行っていた気がします。

80、80って書いたからそう感じたのかもしれないけど、
興味的には友愛数とか双子素数・・・などなどに、
いったんです・・・
10までの足し方のほかの考え方・・・とかも一生懸命考えちゃったし・・・。
ただ、そこまで数字ひとつひとつに意味があったら
80にも意味があるんじゃないかと、探したくなってしまったんです。
ちょっと一緒に数字大好きになりたくなってしまって・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74258/7770938

この記事へのトラックバック一覧です: 『博士の愛した数式』を読んだ。:

» 『博士の愛した数式』 [本屋のバイト、書籍を探訪す。]
うちの店の店内には一台のテレビが入ってすぐの所においてあり、DVDを流している。主に映画の紹介を流すのだが、本屋のやることだから殆どベストセラーを映画化したもので、そのテレビの前には原作本が並んでいるという図式になっている。静かな店内の中で、本に埋もれて....... [続きを読む]

« 風邪ひき・・・。 | トップページ | 確かに言ったんだ!! »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

_

無料ブログはココログ