« 知らなかった | トップページ | 雪がぱらついてきた。 »

救命病棟24時 9回目

前回、今回と見て、
いろいろな現場にいたとしても、
進藤先生みたいな理想が素で吐ける人っていないやろう・・・
って思いながら見てた。
(実は先週はそれでかなりひいてしまった・・・)

けど、途中でふと、
病院にひとりくらいいないと、
3歩くらいひいて見てる人がいないと、
いけないんだろうなと思ってきた。

昔々、嫌われる婦長の下じゃ、いいスタッフが育つって
言われるけど、
そういや、理想論ばっか言ってて、
『無理です!』とつっこまれてばっかいた婦長さんがいたけど、
結局、そういう線に流れてってるということがあったな・・・・と。
なんだか思い出してしまって・・・。

あんなかっこよく話すから、つい穿った目で見ちゃったけど、

状況が刻々と変わる状況では、
理想の線って
周りの反感を買っても言える人って必要なんだろう。

消防士の話はぐっときてしまいました。
消防でも、役割の割り振り・・・ってされるんですね。

40日もすぎればネタがきれるんでしょう。
って話も恐かったけど、
消防士の話の後に、
『それは正式な発表ですか!!!』って受け答えも恐かった。
そして、実際の報道では、
消防士がいい風にも悪い風にも
報道の人の手ひとつで流れちゃうんですよね・・・・。

この前、『世界一受けたい授業』という番組で、
『失敗学のすすめ  ~失敗を生かせる人生かせない人~』
という話を畑村洋太郎という人が話してた。
その中で、東北地震の時の新幹線脱線の話が出てて、
新幹線神話が崩れたって騒がれたけど実はそうじゃない・・・
という話をしてた。
(詳細は上手く書けないのでごめんなさい)

なんでもかんでも讃えればいいってもんじゃないけど、
失敗は大騒ぎするけど、
成功は当たり前というだけの世界って
なんだかさみしいですね。

あっ、でも、新幹線の話も消防士の話も
TVで見てるので、
きちんと伝えてるってことなのかな。

« 知らなかった | トップページ | 雪がぱらついてきた。 »

地震の時」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74258/3228384

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時 9回目:

« 知らなかった | トップページ | 雪がぱらついてきた。 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

_

無料ブログはココログ