« 後片付け。 | トップページ | 救命病棟24時 1回目 »

『救命病棟24時』スタート

vol1はvol2が終わってから借りてみたけど、救命病棟24時かなり好きなドラマだ
今回は、地震がテーマ・・・というのは、かなり関心を高く持った。
阪神淡路の地震の時、
その時の状況を兵庫のこども病院の先生が今後の参考になればと
手紙に事細かく記したものを読んだ。

自分で何ができるかかなり考えたけど、
私ができた事はごく単純で、
ナースシューズがサンダルだったのは、動けなくて不便だったと聞き、
靴型は不便だったので、完全に先が開いてる形のものは止めた。
また、家の寝室の枕元にいわゆる上履きみたいな簡単な靴を置いた。
何せ、さっさと、まず動けなきゃいけないような・・・
そんな感覚をもった。

あの頃は、まずは、何があっても病院に行くんだろうな・・・
と、考え、それから、どうするか。。。って考えてた。
何もなくなってしまう事、その中で出来る事、
私はNICUや小児しか知らないなんて通じない。
でも、だからって、できる事も限られる。
人の指示を受ける事、さっさと一人でできる事、
きちんと早くふりわけできなきゃいけないって思った。
頭だけじゃ意味ないかもしれないけど、
そん時にあった外傷に対するセミナーも受けた。

福岡に来て、一時病院に勤めてた時に、
防災訓練をした時に、なんか、みんなが他人事でびっくりした感想をもった。
訓練したって意味のない事も多いって言われたのに、
他人事だと余計無理なような・・・。

時が変わって、病院に所属しない人間になった。
私も忘れてた。少し他人事になってた。
東京にいる頃は弱い地震が何度かあって、
ふとこれがもっと大きかったら、と
そんな話をする機会があった。
福岡に来て全くといっていいほど地震を経験しなくなり
ホント他人事になった。
けど、神戸も新潟も、来るかもと言われてたとこでも、
よくあった場所でもない。
頭の中で、忘れちゃいけないんだと思った。

病院にいない私ができる事、あるのか・・・。
そんな事を、考える機会になる番組になったら・・・・。

(こんな言い回しが他人事なのかもしれない・・・・)

始まった・・・。
ワンシーンに、
『僕、喘息治すから、お父さんに仕事辞めないで言って・・・』
っと、子どもが話すシーンがあった。
喘息ではないけど、
私も同じような場面に出くわした事がある。
感動的な作り話ではなく、
子どもってすごい・・・・。

« 後片付け。 | トップページ | 救命病棟24時 1回目 »

地震の時」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74258/2543268

この記事へのトラックバック一覧です: 『救命病棟24時』スタート:

« 後片付け。 | トップページ | 救命病棟24時 1回目 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

_

無料ブログはココログ